共済保険&資産運用システム保守移管

開発・保守運用サービス 共済・資産運用 ODC

体制 PM PL SE/PG
日本(月平均) 0 4 0
中国(月平均) 2 4 28
開発規模 年間500人月以上
開発・保守期間 2016.11~現在
システム概要 共済保険と資産運用の関連サブシステムの改修・障害対応・維持保守移管。

共済保険&資産運用システム保守移管案件の作業期間
共済保険&資産運用システム保守移管案件の作業概要
共済保険&資産運用システム保守移管案件の開発言語
  • 複数システムがあって、業務複雑、開発言語の種類が多い。なお、UNIX環境でJAVAからCの部品を呼び出し、C言語のUNIXシステム移植があって、技術難度大きくて、技術者のスキル要求は高い。
  • オフショア側は開発機がなくて、シンクライントを通し、お客様現場にあるディスクトップ環境を接続し作業を行うので、セキュリティ上のリスクが避けられる。
  • 現時点はまだだが、将来オフショア側で基本設計担当、オンサイトで要件定義参画、本番リリースなど担当の予定で、担当範囲は広い。